サウンドカード交換でノイズが消えた!!

Sound Blaster X-Fi Titaniumを使っていたところWindows8 64bitでDAWを使うとCreative ASIOでの使いかってが悪く
Cubase 7では特に問題なく動作するがStudio One 2.5で設定でサンプリング周波数を48kHzにするとWindows8が固まって
しまった。
Sound Blaster X-Fi Titaniumのドライバーを再インストールすれば44.1kHz設定で復活できたが使いかってがよろしくない。
そこでASIO対応デバイスでASUSのXonar Essence STXを購入するもりのところ発売時期が遅れいていたSound Blaster ZxRが発売されしかもASIO対応ということで即購入使ってみた。
ASIOは今までのCreative ASIOからCreative Sound Blaster ASIOに名称変更されStudio One 2.5も問題なく動作、しかも外部ノイズPC内ノイズすべてカットされた。
ASIOについては、再生のみで対応するビット深度・サンプリング周波数は16bit/44.1kHz、16bit/48kHz、16bit/96kHz、24bit/44.1kHz、24bit/48kHz、24bit/96kHzですが、ASIO録音するならUSB外付けでいいものがあり手頃な価格のものが登場してきているためそちらに任せたほうがいい!!

ゲーマー&サウンドクリエータどちらも満足できるカードだと思います。

Creative クアッドコア サウンドカード ヘッドホンアンプ搭載 PCIe Sound Blaster ZxR 24bit/192kH 再生リダイレクト対応 SB-ZXR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です