マウス交換。ロジクールがいちばん

かつて、アスキーが扱っていたマイクロソフトマウス(PC98用バスマウス。確か2代目?)の感触がよかったせいでマイクロソフトマウスを使ってしまう。

最近のマイクロソフトマウスはどうもスイッチ周りの耐久性がいまいち。1年ほど使うと調子が悪くなる。つい最近までつかっていたInteliMouseExplorer4.0は半年で右クリック部分のスイッチが調子悪くなった。
ワンクリックがダプルクリックになる。分解して調査してみたら押したスイッチがひっかかって戻らなくなる時があるためのようだ。クリック感がマイルドで扱いやすいのだが耐久性というデメリットもあるみたいだ。
最新のマウスはどうだろう?

マウスは消耗品で1年ほどで交換という感覚だったため特に気にしていなかったが

5~6年前から使っているロジクール(ロゴはLogitech)のMX300は未だに快適である。
クリック感はマイクロソフトマウスの様にマイルドでなくいかにもクリックという感じだが逆にこれが頼もしい感じに思える。

価格.comのマウストレンドを見ると

価格帯  3,000~3,999円

スペック レーザーマウス

メーカー ロジクール マイクロソフト バッファロー

やはり1番人気はロジクール製ということで

今回はメーカーロジクール、レーザーマウス、手が小さいためできるだけコンパクト、スイッチが少なめ
できれば感度調整できるという条件でさがしてみた

最新のG9x Laser Mouseでグリップを外して使うというのもありだがあの形状が好きになれない

選んだのは G3 Laser Mouse G-3LS

これでワンクリックが突然ダブルクリックになる事から解放された。ヤレヤレ

ロジクール G-3LS Laser Mouse ゲーマー用レーザーマウス

価格:5,180円
発送時期:1週間以内
商品購入

【商品詳細】

【商品説明】両手用でプレイ中の感度調節も可能な、ゲーミンググレードのレーザーパフォーマンス。
■ 精確性。ゲーミンググレードのパフォーマンス2000dpiレーザーエンジン:電光石火の動きが可能な高パフォーマンスのレーザーセンサーです。フルスピードUSB:1000レポート/秒により、どんなスピードでも精確性を保証します。プレイ中の解像度切り替え:ドライバーをインストールする前でも2つの感度レベル(800および1600dpi)の間をワンタッチで切り替え可能です。
■ 快適性。長時間のプレイに対応両手用設計:素早い手首や指先の動きに対応できるよう設計されています。ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)製フィート:低摩擦のPTFEフィートにより、超スムースな滑りを提供します。DryGripテクノロジー:G3の超軽量デザインとDryGripテクノロジーにより、手の疲れや汗ばみに悩まされることはありません。
■ スペックトラッキング解像度:2000画像処理:6.4メガピクセル/秒最大加速:20G最大速度:45?65インチ/秒(表面による)USBデータ形式:16bits/axisUSBレポートレート:1000レポート/秒スリープモード:無効【発売元】ロジクール【広告文責】株式会社コムロード ハウズ営業本部TEL:052-242-4776お電話でのお問い合わせの受付時間は、月?金(祝日除く)10時?18時になりますコンパクトな両手用設計で最高のゲーミングパフォーマンス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です