自作の悩み!電源容量

パーツに高機能を求めると電気食う。特にグラボー

またCPUも、Intel Core i7 の場合 TDP(Thermal Design Power:熱設計電力)130W

AMDもPhenom II X4 965 Black EditionだとTDP が140W

現在使っているマシンで高負荷になるとゲームがかたまる事が多い(原因不明)

CPU  Intel Core2 Duo E8400 TDP 65W

グラボー Radeon HD3870シリーズ×1

でASUSTeKのサイト

電源用ワット数計算機
で計算してみた。すると最低必要容量が550W

現在使っている電源が定格500W(Antecの表現だと継続出力)のためすでにオーバーしている。
ピーク出力で600Wまで可能ですがゲームの不安定さはこれが原因だというのは750Wに替えてから気づいた!!

ハイエンドなグラボー1枚の場合は750W

ハイエンドなグラボー2枚の場合は1000W

は必要みたいです。

そこでAntecのEarthWatts Series EA-750を購入
電源ファンの音が気づかないほど静かになり、バイオハザード5のベンチマークで動作チェックしたら45(とりあえず動く)から65(快適)となったのは気のせい?

Antec EA-750 80PLUS認証取得高効率750W PC電源
【送料無料】Antec EA-750 80PLUS認証取得高効率750W PC電源
型番 EA-750
定格出力 750W
規格 ATX12V v2.3 及び EPS12V v2.91準拠
搭載ファン 135mm
コネクタ数 メイン24ピン電源コネクタ × 1
8ピンCPU補助用12V ×1
4ピンCPU補助用12V ×1
4ピンペリフェラル ×3(ネイティブ)+6(モジュラ)=最大9※
SATA ×3(ネイティブ)+6(モジュラ)=最大9※
FDD ×1
8(6+2)ピンPCI Express ×1(ネイティブ)+1(モジュラ)=最大2※
6ピンPCI Express ×1(ネイティブ)+1(モジュラ)=最大2※
※利用するモジュラーケーブルにより異なります。最大のコネクタ数です。
特徴 EA-750(出力:750W)は、最新のATX12V Ver.2.3及びEPS12V
Ver.2.91に準拠した、750W電源ユニットです。4つの+12V出力回路に加え、最大で9つのペリフェラル電源コネクタ、最大で9つのSATA電源コネクタ、最大で4つのPCI-E電源コネクタを利用できます。

さらに135mmファンや、ネイティブ(直出)ケーブルとモジュラー(プラグイン)ケーブルの利点を合わせたハイブリッドタイプのケーブルシステムを採用しています。

楽天よりちょっと高かったのですがポイントが使えたため購入したのはJust MyShop
Just MyShop(ジャストシステム)

ちなみにアマゾンではEC-JOY経由のためかなり高めかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です