ついにこわれたP4-TE!マザーボードの寿命

それは突然やってきた!!
2001年から使っていたマザーボードがP4-TE突然動かなくなった。
まあ夏場エアコンナシのため40℃湿度100%ちかい環境で使っていたため無理もない。
ちなみに、同じ部屋でつかっていたEPSON PM-950Cはポンプ不具合で無償修理している。
それまではせいぜい2年でほぼ7年とこれだけ長く使い続けたのは初めてですが、やはりコンデンサかな?
あるいは、BIOSがとんだ?それともメモリがいかれた?
やはりマザーボードを選ぶ上で長寿命というのは考慮にいれる必要があるな!!
全く動かなくなったP4-TEに見切りつけ、幸い。眠っていたP4Bがあったため早速載せ替え
845チップセット+SDRAMという、今時のDDR2と比べると超チーブだがしかたない。
基本スペック
マザーボード:ASUS P4B
メモリ:SDRAM(CL3 133)512MBx3 1.5BG (当時はそんなに積んでも意味ないといわれたような)
グラボー:canopus MTVGA9600XT
WindowsXP Pro sp2クリーンインストール覚悟でそのままHDDを載せ替え立ち上げたら難なく動作した。
ものはついでということでVistaのアルチメットにアップグレードしてみた
ほぼ4時間くらいかかったかな。ちなみに最新のマシンの場合アプリ多数で2時間、SP1アップグレードが1時間くらいとか。
Vista用のRadeon9600ドライバいれたらエアロが動作可能に。
Shuriken 2008(メールソフト)、EXCEL2007、フォトショップ(3MBの画像編集)、一太郎2008、ホームページビルダー、Expression Web、IE7、Firefox2.0を同時起動させフリップをつかったら快適に動いたアプリの動作もまずまず。フリップ3Dをうまく使うと無駄なマウス移動を大幅に減らすことができるのをXPに戻してから改めて実感した。
ただしファイル読み込み保存が極端に遅いことをちょっと我慢すればほぼつかえる。
Experience Indexのスコア(Vistaに便利なツールがあってキャプチャしたのだけど紛失、見つけたらアップします。)
うろ覚えですが
メモリ 2.0
CPU 2.0
グラボ 4.5
HDD 4.8
メール、オフィスアプリのみなら使えるというレベルかな
その後WindowsXP Pro sp2をクリーンインストールしたためつかの間のVista体験でした。
sp1も出たことだしVista乗り換えますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です